• HOME
  • アタライフ日記

共同購入の最近のブログ記事

筍あれこれ。

| コメント(0) | トラックバック(0)


こんにちは。Common Kitchen担当の飯野です。
またまた共同購入で鹿児島から巨大な筍が送られてきました。
お見苦しく私の足を載せてしまっていますが、
足のサイズが23センチなので、この筍たちがどれだけ巨大なものか、
想像していただけるかと思います。

takenoko_size.jpg


通常使っている鍋では対処できず、昨年人からプレゼントしてもらった
直径30センチの半寸胴鍋が出動し、ルクルーゼの鍋蓋を落し蓋にしないと、
どうにもならない始末です。
こんな大きい寸胴鍋をもらうはいいけれど、いったい何に使うのかと
思っていましたが、こんなところで活躍するとは!

takenoko_yudechu.jpg

そして、皮を剥いて出来上がった茹で筍はこんなにたくさん!
ここから何を作るかが楽しみです。

takenoko_yudezumi.jpg

昨晩は、私の念願の念願の木の芽和えを作りました。
ベランダのプランターに細っこく伸びた山椒の新芽を
「せっかく芽吹いたのにごめんね」と心のなかでつぶやきながら
20枚ほどいただいて作ったのがこれです。

takenoko_kinome.jpg

このほかに、昨晩はみつ葉と筍の卵とじ、娘の好物の青椒肉絲を作りました。
そして、今朝は、筍、玉ねぎ、ピーマンのみじん切りとツナを炒めて
カレー味で味付けしたものを具にホットサンドを作ってたべました。
ピザ用のチーズも少し挟んで焼いたのですが、朝から充実感たっぷりです。

パンと筍という組み合わせを食べたら、筍たっぷりの
肉まんを食べたくなってきました......。いつか挑戦できるでしょうか......。

 1月のブログでも、鹿児島産のお野菜の共同購入を試験的に始めたことを
お知らせしましたが、現在、週に1回、鹿児島の生産者さんからお野菜を
直送してもらっています。一人で取り寄せると送料の負担も大きいですが、
共同購入ならばその心配もありません。千代田線赤坂駅、または乃木坂駅より
徒歩5分の弊社事務所に受け取りに来ていただくことになりますが、
一度試してみませんか。

お野菜は毎週水曜午後に届きますので、水曜15時過ぎから金曜夕方までの間に
弊社へお越しください。


購入の流れ:

1. 月曜日
購入をご希望のお客様には、その週に届く商品、価格のご案内と、受け渡しの日程・
時間帯について弊社よりメールでお知らせいたします(その週により対応できる時間帯が
変わることがあります)。ご希望の商品、受け取りの時間帯が確定しているようでしたら、
この時点でお知らせいただければ、お客様のご希望に沿うよう、調整させていただきます。

2. 水曜日
午後、お野菜が弊社事務所に届きます。

3. 水曜15時過ぎ~金曜夕方

弊社事務所が開いている時間に、お野菜の購入にお越しください。諸事情により
スタッフが不在になる時間もございますので、お越しになる際は、事前にお電話で
ご確認いただくよう、お願いいたします。なお、お支払いは現金になります。



「近くにいるので、今から買いにいきたいのですが、どんな商品がありますか」と、
気軽に一本ご連絡ください♪ また、購入を検討したいので、とりあえず取り寄せの内容を
毎週メールしてもらいたい、という方もぜひご連絡ください。


弊社事務所までのアクセス:
東京都港区赤坂7丁目6-43
☆地図はこちら↓
http://bit.ly/AbPEhH

お問い合わせはこちらまで:
ckitchen@atalife.co.jp
電話:03-3568-4723(平日:10時~17時まで)

取り扱っている商品の例(その週によって入荷するものは異なります)
だいこん、かぶ、にんじん、れんこん、じゃがいも、里芋、セロリ、深ねぎ、九
条ネギ、ほうれんそう、水菜、小松菜、チンゲン菜、しいたけ、空豆、さつまい
も(湧水蜜芋、紅はるか、ナカムラサキ)、タンカン など

※今週は、初めてスティック・ブロッコリー、わさび菜、ふきのとう、かつお菜
も取り寄せました。毎週、生産者さんと入荷できる商品を確認しながらの購入と
なります。

toriyose_yasai.jpg


共同購入の際、弊社が取り扱っている以下の加工品も合わせてお買い求めいただ
くことができます。

□手作り釜だき塩 坊津の華(プレーン)150g入 定価650円、200g入 定価700
円、(こしょう入り/黒ゴマ入り)各150g入 定価 各650円

□手作り極上黒ちゃん豚みそ 150g入 定価780円

□農薬・化学肥料不使用、鹿児島県金峰町産ごま
 金ごま、黒ごま、白ごま(有機栽培)(洗いごま、炒りごま)各60g入 定価
各600円

□農薬・化学肥料不使用、鹿児島県金峰町産ごま油
金ゴマ油(生搾り*/一番搾り**)各110g入 定価 各3,300円
まるひめ油***(白ごま油、一番搾り)+まるえもん油****(黒ごま油、一番
搾り)各45g入、セットの化粧箱入 定価3,000円 ※単品でご購入の場合は1
本 1,600円
-------------------------------------------------------------------------------
 *生搾り:生のゴマを低温圧搾したもの
**一番搾り:浅炒りのゴマを低温圧搾したもの
***まるひめ:品種改良によりセサミンの含有量が従来のゴマより多い白ゴマ
****まるえもん:品種改良によりセサミンの含有量が従来のゴマより多い黒ゴマ

 

こんにちは。Common Kitchen担当の飯野です。

もう3月ですね。そして、昨日は本当に暖かい一日でした。

明日はまた寒くなるそうですが、こういうことを繰り返しながら

春に近づいていくのでしょう。

 

さて、世の中は空前の塩麹ブームですが、

我が家は糠床派を貫いて、大事に育てています。

もう8年くらいになるでしょうか。

朝がパン食になると、なかなかまわらないのですが、

ごはんとお味噌汁、となれば、やっぱり糠漬けが傍らに

ほしくなります。

DSCF8009.JPG

 

このところ、鹿児島からの共同購入のお試しで、

無農薬のお野菜が日常的に手に入るようになったので、

もっぱら剥いた大根の皮、にんじん、かぶなどを糠床に入れています。

大根の皮は漬かったところで千切りにして食べると、

コリコリと歯ごたえがあって、とても美味しいです。

 

美味しいお野菜たちから活力をたくさんもらって、

これからも糠床には元気に生きながらえてほしいものです。

こんにちは。Common Kitchen担当の飯野です。

この冬は枕詞になりそうなくらい、とにかくまずは「寒いですね」ということばで

毎日の挨拶が始まってしまいそうです。本当に寒くて、この事務所も

床から冷気がのぼってくるようです。


さて、前回のブログで、共同購入に関する記事を書きました。

この試験的な共同購入で、このところ大根と蕪を手に入れています。

鹿児島産の農薬・化学肥料不使用の美味しいお野菜たちです。

どちらも葉がしっかりついているので、ほかの葉物を買う必要がないくらい

このところ大根と蕪の葉のオンパレードです。

寒いので毎晩鍋でもいいくらいですが、せっかくなので、

昨日は餃子にこれらの材料を使ってみることにしました。

 

日本で餃子というと、キャベツや白菜がメインになりますが、

中国では、餃子には何でもいれるそうです。

中国で幼少を過ごした友人には「炒り卵を餃子にいれたりする」と言われ、

ビックリしたものでした。そう、何でもいいのです。

昨晩は、蕪の葉、それと剥いた大根の皮を細かく刻んで餃子の餡に

加えてみたら、蕪の葉のシャクシャク感、大根の皮のコリコリ感のある

さわやかな餃子ができあがりました。新鮮で柔らかい大根の皮なので

ちっともゴソゴソしません。

 

画像に納めようと思っているうちに娘が全部食べてしまったので、

残りの餡でまた焼いたものを撮って後日ブログにアップします

(見栄えは普通の餃子なので、あまり面白くない画像かもしれませんが......)。

 

冷蔵庫にワサワサと場所をとっていた蕪の葉っぱが

全部はけてしまいました。 ごちそうさま!


DSCF6641.JPG

 

こんにちは。Common Kitchen担当の飯野です。

今日は東京でも雪がちらついています。寒いですね。   

年明けからアタライフでは、鹿児島産、農薬・化学肥料不使用の安全で美味しいお野菜を共同購入できる仕組みをつくるためにあれこれと試行錯誤を続けています。

今週は、まずスタッフ間での共同購入を試験的に行ってみて、どんなお野菜を取り寄せられるのか、どうやったらお客様のご希望に沿ったかたちで購入していただけるのかなどについて考えてみることにしました。

やってきたお野菜はこんな感じです。

 

toriyose_yasai.jpg

   

里芋、セロリ、じゃがいも、しょうが、にんじん、れんこん、カブ、そしてほうれんそうです。このほかにも深ねぎ、九条ねぎ、大根、切り干し大根が入っていました。 

あと数回試験的にスタッフで取り寄せを繰り返し、みなさまにご購入いただけるようなラインを作りたいと思います。この試験的な取り寄せに関心をもたれた方は、弊社(以下参照)までご連絡ください。当事務所に受け取りにきてくださることを前提に、この試験的な段階でもお買い求めいただけるよう、対応させていただきます。

 

連絡先:

アタライフ株式会社

東京都港区赤坂7丁目6-43-D

電話:03-3568-4723 (平日の10時~16時までのあいだにお願いします)

FAX:03-3568-4724

Mail: ckitchen@atalife.co.jp