• HOME
  • アタライフ日記

自家製の最近のブログ記事


こんにちは。Common Kitchen担当の飯野です。
梅の次に来たるはらっきょう!
もう、味噌をつけてバリバリと生で食べるのが
大好きな私ですが、毎年塩らっきょうも欠かさず作ります。
いつもは、鳥取のらっきょうを取り寄せていますが、
ことしは鹿児島のらっきょうが届いたので、
まず手始めにこれから。

rakkyo01.jpg
rakkyo02.jpg

2キロのらっきょうをここまでするのにテレビを横目に
1時間かからずにできました。

rakkyo03.jpg

ここからとても悩みます。ネットでらっきょう漬けのレシピを見ると、
塩漬けは、直接らっきょうに粗塩をもみ込んで塩をなじませ保存し、
塩抜きしてから食べる、というものが結構多いのですが、
私がこれまでよくやっていたのは、塩酢漬け、というもので、
これは部屋が暖かすぎたりすると、液が濁ってきたりします。
保存性を考えるなら塩漬けなのですが、
塩抜きしたときにらっきょうの美味しい成分も流れてしまうようで
やっぱり気になる。
今回はたった2キロなので、今まで通りの塩酢づけでやろう!
ということで、完成しました。

rakkyo04.jpg

鷹のツメを切らしてしまったので、唐辛子パワーがちょっと足りない。
今日の帰りに買って、足しておくことにします。

これは、今日からもう食べられる感じ。
楽しみです♪




こんにちは。Common Kitchen担当の飯野です。
いよいよ梅雨の時期に入りました。
そして、二大漬物シーズンです。

青梅1キロがやってきたので、
何にしようかと迷った結果、家族が大好きな
カリカリ梅を作ることにしました。

ume01.jpg

実は梅を扱うのは初めてで、ネットでいろいろと調べました。
すると、梅がカリカリするためには、炭酸カルシウムを
一緒に漬けないと、梅がふにゃふにゃになってしまう、とのこと。
一般的には卵の殻を利用するようですが、
我が家には炭酸カルシウムのかたまり、スミイカの甲羅があったので、
スミイカパワーをお借りして、いざ漬け込み。

ume02.jpg

そして、今がこのような感じです。
たっぷりの梅酢が出てきました。

ume03.jpg

昨日、試しにひとつかじってみましたが
すっぱーーーーーい!!!
でも梅の香りがとてもよくて感激。
あと3週間くらいおいてみてから
カリカリといただこうと思います。
スミイカさま、ありがとう~♪

さて、二大漬物シーズン、次はらっきょうです。

 

こんにちは。Common Kitchen担当の飯野です。

もう3月ですね。そして、昨日は本当に暖かい一日でした。

明日はまた寒くなるそうですが、こういうことを繰り返しながら

春に近づいていくのでしょう。

 

さて、世の中は空前の塩麹ブームですが、

我が家は糠床派を貫いて、大事に育てています。

もう8年くらいになるでしょうか。

朝がパン食になると、なかなかまわらないのですが、

ごはんとお味噌汁、となれば、やっぱり糠漬けが傍らに

ほしくなります。

DSCF8009.JPG

 

このところ、鹿児島からの共同購入のお試しで、

無農薬のお野菜が日常的に手に入るようになったので、

もっぱら剥いた大根の皮、にんじん、かぶなどを糠床に入れています。

大根の皮は漬かったところで千切りにして食べると、

コリコリと歯ごたえがあって、とても美味しいです。

 

美味しいお野菜たちから活力をたくさんもらって、

これからも糠床には元気に生きながらえてほしいものです。

自家製ハム

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは。Common Kitchen担当の飯野です。

いよいよ本格的に寒くなってきました。深夜から朝方にかけて

自宅の窓やベランダのガラス戸に結露がいっぱいになります。

気づけば今年もあと2週間あまり。早いですね。

 

2週間といえば、2週間ほど前に初めてハムを作ってみました。

以前から、市販のハムには添加物がたくさんだったり、

コンビニで売られているようなピンク色のハムは、本当に豚肉かと思うくらい

まるでかまぼこのような味と食感だったりで、なんとな~く、なんとな~く、

買うことがためらわれたりすることがありました。そんなことから、

ちゃんとしたハムを自宅で作ってみることはできるだろうか......と

ネットで調べてみたら、結構レシピがたくさん載っています。

それらに一通り目を通したうえで、自分で納得いく作り方を

考えて作ってみたのがこれです。

ham.jpg


鹿児島産の霧島黒豚のロース650グラム程度のブロックを

3日間ほど塩漬けにして、80度程度のお湯のなかで1時間ほど蒸したあとに

麦茶で1時間45分くらいいぶしました。写真は1時間くらいたったところ。

麦茶で燻すというのはネットでみつけた情報です。

麦茶のパックを破いて5袋分くらいを鍋底にしいたのですが、結構イケル!

 

ham_slice.jpg


できあがりはこんな感じ。撮影した部位が脂の多いところだったのですが、

中心のほうは脂身も少なくて、しっとり。冷蔵庫で2日ほど寝かせたら

本当に本格的なロースハムが出来上がりました。

こういうものを食べると、やっぱり市販の安いハムはカマボコだなぁと

思わずにはいられません。

いつもこんなことはできませんが、またたまには作ってみよう!