• HOME
  • アタライフ日記

2012年3月アーカイブ

 1月のブログでも、鹿児島産のお野菜の共同購入を試験的に始めたことを
お知らせしましたが、現在、週に1回、鹿児島の生産者さんからお野菜を
直送してもらっています。一人で取り寄せると送料の負担も大きいですが、
共同購入ならばその心配もありません。千代田線赤坂駅、または乃木坂駅より
徒歩5分の弊社事務所に受け取りに来ていただくことになりますが、
一度試してみませんか。

お野菜は毎週水曜午後に届きますので、水曜15時過ぎから金曜夕方までの間に
弊社へお越しください。


購入の流れ:

1. 月曜日
購入をご希望のお客様には、その週に届く商品、価格のご案内と、受け渡しの日程・
時間帯について弊社よりメールでお知らせいたします(その週により対応できる時間帯が
変わることがあります)。ご希望の商品、受け取りの時間帯が確定しているようでしたら、
この時点でお知らせいただければ、お客様のご希望に沿うよう、調整させていただきます。

2. 水曜日
午後、お野菜が弊社事務所に届きます。

3. 水曜15時過ぎ~金曜夕方

弊社事務所が開いている時間に、お野菜の購入にお越しください。諸事情により
スタッフが不在になる時間もございますので、お越しになる際は、事前にお電話で
ご確認いただくよう、お願いいたします。なお、お支払いは現金になります。



「近くにいるので、今から買いにいきたいのですが、どんな商品がありますか」と、
気軽に一本ご連絡ください♪ また、購入を検討したいので、とりあえず取り寄せの内容を
毎週メールしてもらいたい、という方もぜひご連絡ください。


弊社事務所までのアクセス:
東京都港区赤坂7丁目6-43
☆地図はこちら↓
http://bit.ly/AbPEhH

お問い合わせはこちらまで:
ckitchen@atalife.co.jp
電話:03-3568-4723(平日:10時~17時まで)

取り扱っている商品の例(その週によって入荷するものは異なります)
だいこん、かぶ、にんじん、れんこん、じゃがいも、里芋、セロリ、深ねぎ、九
条ネギ、ほうれんそう、水菜、小松菜、チンゲン菜、しいたけ、空豆、さつまい
も(湧水蜜芋、紅はるか、ナカムラサキ)、タンカン など

※今週は、初めてスティック・ブロッコリー、わさび菜、ふきのとう、かつお菜
も取り寄せました。毎週、生産者さんと入荷できる商品を確認しながらの購入と
なります。

toriyose_yasai.jpg


共同購入の際、弊社が取り扱っている以下の加工品も合わせてお買い求めいただ
くことができます。

□手作り釜だき塩 坊津の華(プレーン)150g入 定価650円、200g入 定価700
円、(こしょう入り/黒ゴマ入り)各150g入 定価 各650円

□手作り極上黒ちゃん豚みそ 150g入 定価780円

□農薬・化学肥料不使用、鹿児島県金峰町産ごま
 金ごま、黒ごま、白ごま(有機栽培)(洗いごま、炒りごま)各60g入 定価
各600円

□農薬・化学肥料不使用、鹿児島県金峰町産ごま油
金ゴマ油(生搾り*/一番搾り**)各110g入 定価 各3,300円
まるひめ油***(白ごま油、一番搾り)+まるえもん油****(黒ごま油、一番
搾り)各45g入、セットの化粧箱入 定価3,000円 ※単品でご購入の場合は1
本 1,600円
-------------------------------------------------------------------------------
 *生搾り:生のゴマを低温圧搾したもの
**一番搾り:浅炒りのゴマを低温圧搾したもの
***まるひめ:品種改良によりセサミンの含有量が従来のゴマより多い白ゴマ
****まるえもん:品種改良によりセサミンの含有量が従来のゴマより多い黒ゴマ

 

こんにちは。Common Kitchen担当の飯野です。

もう3月ですね。そして、昨日は本当に暖かい一日でした。

明日はまた寒くなるそうですが、こういうことを繰り返しながら

春に近づいていくのでしょう。

 

さて、世の中は空前の塩麹ブームですが、

我が家は糠床派を貫いて、大事に育てています。

もう8年くらいになるでしょうか。

朝がパン食になると、なかなかまわらないのですが、

ごはんとお味噌汁、となれば、やっぱり糠漬けが傍らに

ほしくなります。

DSCF8009.JPG

 

このところ、鹿児島からの共同購入のお試しで、

無農薬のお野菜が日常的に手に入るようになったので、

もっぱら剥いた大根の皮、にんじん、かぶなどを糠床に入れています。

大根の皮は漬かったところで千切りにして食べると、

コリコリと歯ごたえがあって、とても美味しいです。

 

美味しいお野菜たちから活力をたくさんもらって、

これからも糠床には元気に生きながらえてほしいものです。