• HOME
  • アタライフ日記

2011年11月アーカイブ

こんにちは。Common Kitchen担当の飯野です。

このところ、一日ごとに気温の差が激しく、鹿児島などで

竜巻が発生するなど、安定しないお天気が続いていますね。

1階にあるアタライフの事務所も床からジワジワと冷気が

伝わってくるようになりました。お鍋の季節到来です♪

 

でも、今日ブログに書くのは、お鍋ではなく、

青いパパイヤとにんじんを使った、タイ料理のソムタムです。

ファーマーズマーケットでおなじみの

青いパパイヤ、にんじん、レモン......と、鹿児島産オンパレードです。

味付けは、レモン汁、ナンプラー、オリーブオイル、おろしにんにく、鷹の爪......。

レモンは皮もすりおろして入れました。

あとは本当はピーナッツを使うらしいのですが、

家にピスタチオしかなかったので、細かくしてパラパラ、

干しエビをパラパラ。

プチトマトはうっかり入れ忘れてデジカメをパチリ!としてしまいました。

入れたほうがいいです。

 

somutamu111122.jpg

 

うつわを選んでいる時間がなかったので、タイ料理の雰囲気とは

まったく違う、純和風なものになってしまいました......。

 

バリバリバリバリと本当にいくらでも入ります!

青いパパイヤって美味しい!

あぁ、タイ料理屋さんに行って、いい汗をかきたくなってきました。

お鍋もいいですが、ピリピリと唐辛子で体を温かくするのも

いいですね!

こんにちは。Common Kitchen担当の飯野です。

今日からぐっと気温が下がりました。

事務所のフローリングの床から足の裏に

冷気が伝わってきます。

そろそろ暖かい履物を用意しないといけなさそうです。

 

おととい実家から大量の食糧が届きました。

エリンギ、しめじ、なめこ、しいたけ、マイタケと

きのこのオンパレードです。

山菜が大好きな私ですが、スーパーで売られている

山菜ミックスは国産のものはまずありません。

せっかくなので冷蔵庫にある国産のわらびの水煮、

国産のたけのこの水煮を使って、自家製山菜ミックスを作りました。

大量で超ハッピーです♪

 

sansaimix111109.jpg

 

これと、先週の青山国連大学のFarmer's Marketで販売していた

つるむらさきを合わせて一品作りました。

さっとゆがいたつるむらさきの色は

本当に鮮やかできれいです。

 

tsurumurasaki111109.jpg

 

つるむらさきの粘りときのこからでる粘りで

つるつるバリバリと、あっという間に食べてしましました。

これをかけそばに大盛り乗せた山菜蕎麦も

栄養満点で美味しいかもしれませんね。

 

こんにちは。Common Kitchen担当の飯野です。

11月に入りました。なのにこの暖かさはなんでしょう。

学祭のシーズンですが、自分が学生の頃のこの時期は、

かじかんだ手指を温めながら部活にのぞんでいたような

記憶があります。やはり温暖化の影響でしょうか。

 

さて、今日はローゼル第2弾です。

先日作ったローゼルのソースを利用します。

小学生の娘は小さい頃から酢の物が大好きです。

特に蕪の酢の物が大好きなので、

ときどき菊花蕪を作ってあげると3、4個は

ペロリと食べてしまいます。

今回はローゼルソースを使って、

菊の花を変身させてみました。

 

roselle_kikkakabu111102.jpg

 

ローゼルという名前は、Roseから来ているとも

聞きますが、さて、これは菊かバラか?

作り方は説明するほどのものでもなく、

甘酢をつくるときにソースを加えるだけです。

いつものお酢だけで作るツーンとした酸味もいいですが、

ローゼルの自然の酸味でがっつりいただくのも

美味しいと思います!

 

写真は3つですが、実際は5つ作りました。

でも、4つは娘が食べてしまいました。

第3弾は、思案中です♪

 

こんにちは。Common Kitchen担当の飯野です。

今日は湿度も低くてさわやかですね。

日に日に暗くなるのが早くなって、

仕事から帰る途中、暮れかけた住宅街を歩いていて

どこかのおうちの晩御飯のにおいが

ぷう~んと鼻に入ってくると、

食欲の秋にシフトした胃が反応してきゅうっと鳴ります。

 

そんな昨日は、田舎からの贈り物やファーマーズマーケットで

お世話になっている鹿児島の生産者さんの金ごま、にがうり、

黒ちゃん豚みそ、それと冷蔵庫にあった茄子を使って、

味噌炒めのごま和えを作ってみました。

 

nigauri_gomabutamiso111101.jpg

 

「味噌炒め」と「ごま和え」は、それぞれ違うお料理の味付けですが

金ごまの味があまりに濃くて(市販のごまとコクが全然違います!)、

こってりした豚みそと合体してしまいたくなったのです。

 

金ごまを軽く炒って、すり鉢でたっぷりすっておきます。

少量のごま油で、にがうりと茄子をさっと炒めて、

少量のお酒で溶いた豚みそをからめて

味噌炒めにします。

これを金ごまと合体。さっくりとまぜあわせます。

 

豚みその甘味とコク、金ごまの香りとコク、

にがうりのと茄子の青い香りが合わさって、

食欲増進の一品です。

白いご飯が何杯も食べられて、

胃がどんどん大きくなっていきそうな私です。

 

お料理をアップで撮りすぎて、

私のお気に入りの萩焼の小鉢が

画像からはみ出てしまいました......。

お気に入りの器のひとつです。