• HOME
  • アタライフ日記

2011年1月アーカイブ

 

 

こんにちは。Common Kitchen事業担当の日髙です。

 

田舎からの贈り物の会員様から、レモンを多く、しかも皮まで使うということで、

アメリカのFood Network Magagineに掲載されていたレシピを送ってくださいました。

E様、レシピありがとうございました

 

レモン、バターの風味と、エビの旨味がマッチして、とても美味しかったです \^_^/

 

 

lemonpasta.jpg

 

【材料(6皿分)】

  • エビ : 20尾程度(殻、背ワタを取る。)
  • オリーブオイル : 適量
  • 塩、粗挽き黒こしょう : 適量
  • エンジェルヘアパスタ : 450g
  • 溶かしバター(無塩) : 大さじ4
  • レモン汁とすり下ろした皮 : 2個分

 

アメリカだからなんでしょうが、6皿分の分量です。

私は、1人前作ったので、載っていた分量を適当に減らしました。

エビは、写真のものより小さめにして、尻尾まで取ったほうが食べやすいと思います。

 

【作り方】

  1. 平らな耐熱皿並べたエビに、オリーブオイル大さじ1、塩大さじ1/2、黒こしょう大さじ1/2をかけ、よくなじませる。
  2. 200度に温めたオーブンに、1を入れ、6~8分焼く。赤くなり、火が通る程度でいい。焼きすぎに注意!
  3. 沸騰したたっぷりのお湯に塩(お湯の量の1%程度)を入れ、さらにオリーブを少々加え、エンジェルパスタを3分程度茹でる。アルデンテの湯で具合にする。
  4. 茹で上がったパスタをボールにとり、溶かしバター、オリーブオイルカップ1/4、すり下ろしたレモンの皮、レモン汁、塩小さじ2、黒こしょう小さじ1、パスタのゆで汁1/2を加え、パスタに良くなじませる。
  5. 4に焼きあがったエビを加え、アツアツの状態で召し上がれ!

 

パスタのゆで汁、またはエビを焼いた後のオーブンの余熱でパスタのお皿を温めておくと、盛ったパスタのアツアツが長持ちしますよね。

 

 

ここで宣伝です

田舎からの贈り物で紹介しているレモンは、皮まで安心して使える農薬、化学肥料不使用のレモンです。しかも、味も香りも良し!「レモンは、鹿児島笠沙にあり!」ですよ。

 

今季最後なので、現在出荷しているものは、1個70~80gの小粒ですが、1回使い切りサイズで便利!と前向きにとらえてくださいませ

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。Common Kitchen事業担当の日髙です。

 

青山@UNUファーマーズマーケットでは12月から、「アタライフ田舎からの贈り物」のサイトでは、先週から販売している牧野さんの玄米

 

早速サイトから購入してくださった会員様から、大変嬉しいメールをいただいたので、

ご紹介しますね。

 

【会員の方からいただいたメッセージ】♪★♪☆♪★♪★♪☆♪★♪★♪☆♪★

  

先日、「田舎からの贈り物」玄米を注文したものです。

昨年末にいただいてとてもおいしかったので、リピートしました。
19日に無事に受け取りました。とてもおいしくいただいております。
生産者の牧野様にも、ぜひお伝えください。

またよろしくお願いいたします。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~♪★♪☆♪★♪★♪☆♪★♪★♪☆♪★

 

早速、牧野さんに電話をしたところ、牧野さんもとても喜んでいました!

ありがとうございます!!!

 

もっともっと、会員様と生産者とのコミュニケーションの架け橋になれたら、嬉しいです

 

 

aigamo.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 

牧野さんは、2004年から農薬、化学肥料を使用せずに栽培しています。農薬を使用しないと米の栽培量がぐっと落ちたそうですが、昨年は合鴨たちに田んぼ仕事を手伝ってもらったので、米の収穫量もアップしたそうです。

 

最近の電気炊飯器は、玄米モードがついているので、簡単に美味しく玄米を炊くことができます。

私の炊飯器は6年くらい前に購入したものですが、玄米モードがついています。寝るまえに予約炊飯をセットしておくと、朝食に炊き立ての玄米を食べることができますよ \ ^ _^ /

 

 

genmai.jpg 

玄米をはじめとするお米の栄養価については、こちらをお読みください。「なるほど、玄米ねっ。」と納得していただけると思います。

 

 

 

 

こんにちは。Commo Kitchine事業担当の日髙です。

 

先日のファーマーズマーケットで、お客様からレモンの皮の黒点について聞かれましたので、この場を借りて、皆様が目にする可能性があるレモン(柑橘類)の病気について、お話しします。

 

■かいよう病

強い風で果実が擦れ合って出来た傷、ミカンハモグリガ(虫)にかまれた傷から、かいよう菌に感染し発生します。

 

下の写真は、「アタライフ田舎からの贈り物」で紹介している「鹿児島産農薬、化学肥料不使用レモン」のひとつです。

 

念のため申し上げておきますが、全部のレモンにこのような傷があるわけではありませんよ!

 

かいよう病の感染痕は、茶色い斑点のような箇所です。

 

■黒点病

病原菌はカビの一種です。感染すると小さな黒い点が発生します。写真の黒いポチポチがそれです。

 

lemonkaiyo2.jpg 

表面は傷がつきますが、中身は大丈夫です。下の写真のかいよう病痕は、上の写真の右から2番目のものです。

 

lemonkaiyo3.jpg

 

黒点病も、中まで影響がないことがわかりますよね。 

 

かいよう病と黒点病の予防方法は、感染した枝の除去等がありますが、各県の農業試験場などは農薬の散布も推奨しています。

 

「アタライフ田舎からの贈り物」で紹介している「鹿児島産農薬、化学肥料不使用レモン

の生産者長崎さんは、農薬、化学肥料を一切使用せずにレモン、ライム、かぼす、たんかん等の柑橘類を生産しています。

 

病害虫対策としては樹木を弱アルカリ性に保つことをしています。

 

では、どのようにして樹木を弱アルカリ性に保っているのか?

その答えは、アタライフWebサイトの特派員口コミ情報ページで、

葉面散布の様子と、ぼかし肥料果実酵素の話をご覧ください。

 

長崎さんの農法は、韓国が発祥の地で、水や土を汚さず、長年その土地で生き抜いてきた畑の微生物の環境を、より健全で豊かなものにしていくものです。環境保全型農業と呼ばれる、この地球に優しいものです。

 

その土地その土地の微生物を大事にするので、市販のEM菌などは使いません。なぜなら、その土地の微生物にとっては、EM菌などはエイリアンになるからです。

 

長崎さんの柑橘類は、どれもとても力強さを感じる香りと味わいです。まさに、鹿児島の自然の恵みをそのまま味わっている気にさせてくれる逸品です。

 

「レモンは、鹿児島笠沙にあり!」です。

 

 

 

 

 

 

 

おはようございます。Common Kitchen事業担当の日髙です。

 

1月15日(土)のファーマーズマーケットの報告です!

 

この日は、ちょっと曇りがちでしたが、「冬でも元気。鹿児島!」をスローガンに出店しました\^-^/

 

寒さに負けず来てくださる常連のお客様たちの顔、顔、顔・・・。全員が私たちのブースに立ち寄ってくださるわけじゃないけど、「あっ、今日もいらしてる!」と、知った顔を見つけるとなんとなく嬉しくなっちゃいます!

 

fm20110115.jpg

 

この日のいちばん人気は、金柑。農薬、化学肥料不使用の露地栽培もの。ハウス栽培と比べると、皮がしっかりしているけれど、味がしっかりしていて、甘味も十分。1袋買ってくださったお客様が、マーケットを1周した後、「美味しいから、もう1袋!」と、戻って来て下さいました

 

fm20110115n.jpg

 

ナイトマーケットは、こんな感じ。ちょっとゆったりとお客様とお話しできます。近所のブースの人たちとも。寒さを吹き飛ばすために、ライブ演奏にあわせ、「踊るセールスウーマン」になっていました。

 

今月は通常よりも1時間早く、7時でマーケットは終わりだったのですが、ライブ演奏は続いていたので、なんとなく楽しい気分で片付けもできました。

 

この日も、大勢の方にお立ち寄りいただきまして、ありがとうございました

 

2月19日(土)もナイトまでいる予定です。2月も多分19時までです。次回もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

まろやかな酸味が自慢の有機レモン、再登場! 

 

こんにちは。Common Kitchen担当の日髙です。

 

1月15日の青山@UNUファーマーズマーケットで、今季(*)最後と紹介したレモンですが、

生産者の長崎さんが再度畑をチェックしたら、「もう少しあった!」ということで、「残り物に福在り」セールの特別価格で販売します!

 

なるべく多くの方へご提供したいので、今回は3kg入り(30個前後)のみの販売。

2,250円(税込み、送料別)です

 

農薬、化学肥料を一切使用していないので、安心して召しあがっていただきます。 

 

(*)国産レモンの収穫時期:10月~3月

 

 

kemon20112cut.jpg

 

レモンなどの柑橘類のほどんどは、4月から5月に開花します。その後、ぽつぽつと咲く花もあります。今回出荷できるレモンは、この遅れて咲いた花が実ったものなので、大きさが少し小さく、1個100g前後です。

 

レモンの紹介(ショッピング)ページはこちらです!

 

 

 

 

こんにちは。Common Kitchen事業担当の日髙です。

 

明日の青山@UNUファーマーズマーケットの

ナイトマーケットは、夜7時までです!

国連大学前ファーマーズマーケット

 

前回の「アタライフ日記」では、夜8時までと書きましたが、明日は7時までなので、

お間違いなく!!!

 

写真は、先月のナイトマーケットの様子です。

明日も、毛糸の帽子を被って、頑張ります!帽子の色は、ブルーの予定です

 

fm20101218n.jpg

 

では、明日、お待ちしています 

 

おはようございます。Common Kitchen担当の日髙です。

 

冬型の気圧配置が続いて、毎日、とっても寒い日が続いていますが、今週末ファーマーズマーケットに出店します。しかも、ナイトまで!

 

1日中外に立っているので、ブーツ、手袋、暖かアンダーウエアと、寒さ対策ばっちりです。

 

皆様、お待ちしていますね 

 

国連大学前ファーマーズマーケット

場所: 青山、国連大学前広場。 国道246号沿い、青山学院大学の斜め前。

最寄駅: 地下鉄表参道駅 B2出口 徒歩3分、渋谷駅から徒歩15分

開催時間: 10:00~20:00 

 

今回販売するものは、全て鹿児島産、農薬、化学肥料不使用の美味しいものばかり

販売品目(予定):

レモン、金柑(★初登場)、伊予柑(★初登場)、玄米、手作り釜だき塩、手作り竹箸(★初登場)

 

レモンの季節は、10月から3月なんですが、売れ行き好調で、畑に残っている最後のものが、鹿児島からやってきます。器量善しも、不恰好くんもいますが、どれも美味しいです。どうぞお見逃しなく!

 

lemon20111.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

12月に出店した時の様子です。

 

fm20101218.jpg

 

今回は、さつま芋はありません。さつま芋は、寒さに弱いので、この寒さの中だと「凍傷」になってしまう恐れがあるからです。3月になって、ちょっと暖かくなったら、ちゃんと貯蔵して甘味が凝縮したさつま芋をご紹介する予定です。

 

ファーマーズマーケット事務局では、一般の宅配サービスと自転車宅配サービスを用意しています。

  • 一般の宅配サービスでは、箱も用意。都内近隣だと翌日に配達されます。
  • 自転車での当日宅配は、近隣3kmまで、1箱840円~です。

 

 

 

こんにちは。Common Kitchen事業担当の日髙です。

 

今朝は七草粥を食べました。冷凍してあったご飯をチンして、沸騰したお湯に入れ、八百屋さんで買ってきた「七草粥セット」の野菜を入れ、塩を加えて、簡単にできあがり!

 

 

nanakusa1.jpg

 

御正月の食べすぎで疲れた胃を癒してくれるだけでなく、春の訪れを感じることができますね

 

お茶碗1膳分のご飯の量だったのですが、おかゆは消化がいいから、すぐにお腹がすきます。

今日は、早めの昼食にします!

 

 

Common Kitchen事業担当の日髙です。

 

今年もよろしくお願いいたします!

 

 

mtfuji2011.jpg

 

 

元旦に実家のベランダから見えた富士山です。

 

 

今年も皆様にとって、幸多き年となりますように