• HOME
  • アタライフ日記

2010年5月アーカイブ

こんにちは。Common Kitchen事業担当の日髙です。

「アタライフ田舎からの贈り物」で紹介している鹿児島産有機栽培レモンを購入して下さった会員の方から、次のようなメールをいただきました。ありがとうございます!


「母が無農薬レモンでジャムを作ったらめちゃくちゃ美味しかったです。白い皮は取り除いて、黄色の皮は使って。母、感激してました。」


皮まで楽しめるのは、無農薬ならではですよね。


このメールだけを頼りに、自己流でレモン ジャムを作りました!もっと黄色いになるのかと思っていたら、オレンジ・マーマレードみたいな色になりました。


lemonjam.jpg

レモン10個くらいで、450gのジャムができました。

【自己流の作り方】
  1. レモンの表面を洗う。
  2. レモンの皮を剥く。(内側の白いふわふわした皮が残っていたら、取り除く。)
  3. レモンの皮は、長さ5mmくらい(適当)の千切りにする。
  4. レモンの房から実だけを取り出して、ボールに入れる。(この段階で種を全部取り除くのは、大変な手間なので、あまり神経質にならずに、作業をしました。)
  5. 2と4とステンレスの鍋に入れ、皮がある程度柔らかくなるまで、実をつぶしながら、3分くらい煮る。このとき、3の段階で取り除けなかった種、房袋を取り出す。(4同様、適当に・・・)
  6. 少しづつ砂糖を入れて、好みの甘さにする。
  7. 煮沸消毒したガラズ瓶に詰める。

自己流の割には、まあまあの出来だと自画自賛しています!

ホットケーキ、トーストと一緒に、毎日楽しんでいます☆

インターネットで調べたら、アク抜きの処理をしていたりと、色々と参考になるものがありました。今度、試してみよう♪!



こんにちは。Common Kitchen担当の日髙です。


「アタライフ田舎からの贈り物」で紹介している鹿児島産有機栽培レモン河内晩柑の生産者・長崎さんから写真が送られてきましたので、紹介します!


河内晩柑です。大きいですよね。小さいもので、1個270g、大きいと1個500gくらいあります。


kawachibankan.jpg

最近都内のスーパーや八百屋さんで河内晩柑をときどき見かけます。ためしに買ってみて、長崎さんのものと比較しました。レモンもそうですが、長崎さんのものは、生気があります。強さを感じます。口に入れると、飛び跳ねているような元気さが伝わってきます!


こちらはグレープフルーツです。河内晩柑とそっくりです。今年は、予約の段階で完売でした。来年は、食べてみたいです!

grapefruit.jpg

除草剤を使っていないことが、よ~っく分かりますね。



きれいな藤の花は、長崎さんの畑の脇の天然巨大藤です。きれいですね。来年は、藤の時期に訪ねたいです。


fuji.jpg

これは何だかわかりますか?長崎さん手作りの石釜です。長崎さんの奥さんは、パンを焼くのですが、台所のオーブンだと一度に沢山焼けないので、前から釜を作ってくれるよう頼まれていたそうです。奥さん孝行ですね~♪

kama1.jpg

長崎さんの趣味は、絵を描くことです。題名「ばあちゃん」、画材「木炭」。

obaba.jpg

最後は、昨年の11月に撮った「たんかん」です。


tankan.jpg

このお便りで、長崎さんの畑の様子、人となりを、少しでも身近に感じていただけたら、幸いです☆☆




アタライフでは、「田舎からの贈り物」として、宮崎・鹿児島の"知る人ぞ知る"隠れた名品をご紹介しています。


今日のお昼休みにテレビを見ていたら、最近の「内食」ブームで「ご飯のおとも」が取り上げられていました。北は北海道から南は沖縄までの各地の「ご飯のおとも」が、さ~っと紹介された中に、

なぜか鹿児島の豚みそがない!!!

この由々しき事態に抗するため、私がここで紹介します♪


butamiso.jpg

豚みそは、鹿児島で昔から食べられている保存食です。家庭ごとの味があります。

アタライフで紹介している上水流さんの豚みそは、完全手作りで、上水流さんちの裏庭に作られた囲いの中を、元気良くり回って身が引き締まった黒豚の細かく切った肉が入っていて、歯ごたえがあります。



butamiso_new.JPG

麦みそ、 ざらめ、蜂蜜の甘みに豆板醤のピリッとした辛さが良く調和し、あと味がとても良いものに仕上がっています。


関東育ちの人には、ちょっと甘味が強いかもしれませんが、鹿児島育ちの人には、まさに子どものこ
ろから慣れ親しんで味です!


炊き立てのご飯にのせて食べてもよし、野菜スティックにつけて食べてもよし、野菜炒めに入れてもよし、色々な食べ方かたを楽しめます。


豚みそ、刻みネギをお椀に入れ、熱湯を注いだら、簡単味噌汁のできあがり!


甘口が苦手な方は、調味料としてお使いになると、甘さが抑え目になり お料理にコクがでます。


是非、ごはんのお友にしてくださいませ☆
こんにちは。Common Kitchen事業担当の日髙です。

「アタライフ田舎からの贈り物」で紹介している鹿児島産有機栽培レモンの生産者さんに教わったレシピで、レモンのスタミナドリンクを仕込みました!

3ヵ月後が楽しみです。

容器は4Lの大きさで、丁度でした。お酢は、玄米酢、玄米黒酢、米酢、穀物酢、なんでもいいとのことですが、健康のために飲むものなので、上質のものを使ってくださいと言われました。


私は、千鳥酢(米酢)を使いました。以前友人のところに遊びに行った時に、気に入っていると教えてもらった銘柄です。



lemon drink1.jpg

ついでに、ホワイトリッカーでもつけました。4日前に漬けたのですが、既にホワイトリッカーが、ちょっとレモン色になっています。写真で分かりますか~?

lemon drink2.jpg
3ヶ月後が楽しみです♪♪♪


こんにちは。Common Kitchen事業担当の日髙です。

「アタライフ田舎からの贈り物」で紹介している鹿児島産有機栽培レモンを購入して下さった会員の方が、お手製のレモンのケーキの写真を送ってくださいました☆ 

ありがとうございます!!!

写真手前がレモンのケーキです。奥は、ドイツのシュトロイゼルクーヘン(リンゴ)だそうです。
どちらも美味しそうですね♪

【追記】(5/13)
ケーキの写真を送ってくださった会員の方から、シュトロイゼルクーヘンにもレモンの皮が入っていますよ!とのお知らせがありました。レシピには載っていても、いつも省略してしまうレモンの皮を、今回初めてレシピ通りに入れたそうです☆


lemoncake4.jpg

おはようございます。Common Kitchen事業担当の日髙です。

会員の方から、今月号(2010年6月号)の日経ヘルスの「太る、冷える、疲れに1日1杯からの飲み物チェンジ!」欄に、「レモン水」の記事が載っていることを教えていただきました。ありがとうございます。

「アタライフ田舎からの贈り物」で紹介している鹿児島産有機栽培レモンの活躍の場が、増えたらいいな~☆彡

【レモン水】
レモン・・・・・・果汁大さじ2
水(常温)・・・コップ1杯(200~300ml)

朝食抜きの人は、ハチミツ小さじ4をまぜ、水の代わりにお湯で溶いて飲むのがお勧めとのこと。
冷えが気になる人は、さらにショウガを加えてもOK!


lemonwater.jpg


レモンは、交感神経に作用して、体を活動モードに入れ替えてくれるらしいです。
また、レモンの香りの成分であるリモネンは、ずれた体内時計のリセット効果があるとのこと。

毎朝のコーヒーを、レモン水に代えて、特に効果が上がるのは、次の項目に当てはまる人だそうです。
  • 目覚めが悪くだるい
  • 寝るのは深夜0時以降が多い
  • 夕食の量が1日でいちばん多い

詳しくは、日経ヘルスの21~21ページを見てくださいませ☆